日本の伝統工芸、伝統の工芸品

伝統工芸士 京扇子作家

豪阿弥 (ゴウアミ)


インタビュー

Q. 従来は分業制で87工程を専門職人が別々に行うといわれる京扇子制作の工程をすべて一人で行うということですが、強い思いがあるのでしょうか?


A.「君 想い
この四合せ(幸せ)に願いこめ
幸多かれと 舞う風にのせ」
これは数年前に作った作品に合わせ詠んだ俳句ですが、
使う方の幸せを願い心を込め、コンクール作やこだわりの品は全ての絵柄は私の手書きです。
今では扇骨を別にすると40工程くらいになっています。

Q. 伝統工芸を担っていくのは大きな責任が伴うのではないでしょうか?

A. 京扇子にかかわる専門職人は多く居はりますが、時代の流れで減少の一途をたどっています。

Q. どの伝統工芸の分野でも、後継者が不足して技術伝達が難しくなってますね。

A. 今までのやり方も素晴らしいですが、私は一人ですべての工程を行うことで美術価値を上げたり、扇子の世界に新しい風を持ち込めるのではないかと考えています。
一人でも多くの方に京扇子の魅力を知って欲しいと思います。

Q. 扇子と一言で言いますが、種類はあるのでしょうか?骨を作る工房や、紙を作る職人によっても違うと伺いましたが。

A. 骨の数や長さ、紙の厚みで数えきらないくらいあります。

Q. では用途はどうでしょうか?

A. まずは夏の暑さを和らげるために使いますね。その他にも、茶道、落語、狂言、能、結婚式、人生の節目などには必ず必要で、格式が決まっています。
面白いところでは、スポーツの応援や、投扇興という遊びもあります。

Q. 扇子の裏に名前を入れてもらえますか?プレゼントや自分用に名前が入っていたら嬉しいです!

A. 可能です。1週間ほど頂きますが、一本200円にて承っております。
豪阿弥・作品一覧
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き扇子 萩-はぎ-
秋の七草でもある萩は万葉集でも頻繁に詠まれ、古くか...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き扇子 -夜桜-
夜の闇の中に満月と桜が華やかさを加えています。通常 ...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き扇子 蛍-ほたる-
白地に蛍が舞い、涼しげな夏の景色を演出しています。...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 昇り龍
黒色に柿渋を手引きし手描き龍をあしらいました。威風 ...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 風神雷神
風の神、雷の神である風神雷神。仏教では千手観音の眷...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 蘭
艶やかに咲く洋ランに比べ、密やかに咲く東洋ラン。花 ...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 秋草
黒地渋引きに秋草を描きました。桜同様日本の四季の代...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 しだれ桜
しだれ桜の美しさは趣があるものです。日本人の心に刻 ...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 ぶどう
山吹色の渋扇子にブドウ柄をあしらいました。秋の風情...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 月にうさぎ
朱色の渋扇は目を引き、古風なデザインの中に新しさを ...
伝統工芸士 京扇子作家
伝統工芸 京扇子 手書き渋扇子 月に桜
黒地渋引きに月と桜を描きました。春の宵に咲き誇る桜...
 
税込み価格
プロフィール
伝統工芸士 京扇子作家 伝統工芸士 京扇子作家  【京都府】
豪阿弥 (ゴウアミ)


扇子は奈良時代から使われていたといわれ、今に継承され続けてきた伝統技術。

豪阿弥はそれを未来に引き継ぐ経済産業省によって指定された京扇子の伝統工芸士。

古い知恵と技術をそのままに、新たなアイデアを加え、次々と作品を発表し続けている。

左利き用の扇子、押し花を貼り付けた扇子、伝統の渋扇(柿渋を塗りこんだ和紙を使ったもの)、扇骨の数で世界記録に挑んだ扇子などその発想はとてもユニークで挑戦を忘れない。

その一方で、小学生や修学旅行生を対象とした体験教室も行い、技術の啓発に努めている。
略歴
平成21年度 全国伝統的工芸品公募展入選
平成22年度 全国伝統的工芸品公募展入選
経済産業省によって認定された京扇子の伝統工芸士

このページのトップへ

関連サイト: 浮気調査  探偵 料金