日本の伝統工芸、伝統の工芸品

染刺彫創作処

山こぼう (ヤマコボウ)


インタビュー

Q.山こぼうさんは二人で活動しているということですが、どこで知り合ったのですか?

A.わたしたちは歌舞伎の衣装などを手がける会社に勤めている同僚なのです。
山こぼうとしては役割分担があり、まつもとの担当が型染め・彫りで沼田の担当が刺繍・縫製です。
出会えたことが運命かというぐらい、二人で活動することに違和感がありません。

Q.これからどのように活動の幅をひろげたいですか?

A.目標としては山こぼうとして、独り立ちすることです。
でも仕事との両立や沼田は小さなの子供を持つ母ですから、制作活動に専念することは現実としてなかなか難しいですね。
ほんとうは、お互いに結婚した時や子供が生まれる時にも山こぼうを続けるべきか話し合ったのですが、「創りたい!」という私たちの意思は変わりませんでした。

Q.今後はどんな作品を作る予定ですか?

A.今は彫り物を出していますが、今後は手染めの暖簾をだしたいとかんがえています。古代模様を染め抜いて、様々な色のバリエーションを入れたいです。
麻や木綿を使って、身近に使ってもらえるような作品にしていきたいです。

Q.山こぼうの名前の由来を教えてください。ちょっと変わった名前だと思いますが?

A.二人で食事をしていたときに、出てきた山ごぼうにヒントをえました。
日本語の並びや音の響きが美しいので、山ごぼうをもじってて山こぼうです。
これからもよろしくお願いします。
山こぼう・作品一覧
染刺彫創作処
手染め ブックカバー【象+町人】
象+町人の二種類のブックカバーセットでの販売となり...
染刺彫創作処
手染め ブックカバー【原稿用紙、青+茶】
原稿用紙柄の青と茶色の二種類のブックカバーセットで ...
染刺彫創作処
手染め ブックカバー【蛙+豚】
蛙+豚の二種類のブックカバーセットでの販売となりま...
染刺彫創作処
彫 菩薩
菩薩の姿を彫ったもの.注文生産になり、2週間ほどの ...
染刺彫創作処
彫 経典
経典を彫りぬいたもの。注文生産になりますが、1ヶ月...
染刺彫創作処
彫 十三仏
十三の仏を彫りぬいたもの注文生産になりますが、彫る ...
染刺彫創作処
彫 君は花
君は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえてすずしかりけり注...
 
税込み価格
プロフィール
染刺彫創作処 染刺彫創作処  【東京都】
山こぼう (ヤマコボウ)


山こぼうは染色、日本刺繍、彫りなどを技法を使った表現を追及する作家であり、歌舞伎や舞台衣装などを手掛ける会社で製作の仕事をするプロでもある。



山こぼうが手がける作品の中で染めや胡粉に使われる型紙がある。裏方とも言えるこの型紙だが、それ自体がとても美しい切り絵として一つの芸術作品である。

切り絵は中国を起源とするお守りであり、日本でも古より神様の儀式に使われ、今も飛騨高山などでは奈良時代以来と伝わる伝統的な様式が残っている。その後は染物師が使う染の型紙として発達した。



型紙として発達したからこそ、切り絵としてさらに質の高い作品になったともいえる。
略歴
春夏デザインフェスタへの参加

このページのトップへ

関連サイト: 浮気調査  探偵 料金